【動画あり】薬を食事に混ぜていいのか?食事中に服用させてもいいのか?

突然ですが、質問にお答えするコーナーを作ってみようと思います。(質問がなければこの回で終了です 笑)では、頂いたご質問です。

ご質問ありがとうございます!

さて、このご質問、専門職の皆さんはどう思うでしょうか?

うちの施設もやってます!

という人もいるでしょうし

考えられない!

という人もいるでしょう。

「食後にお茶か水で飲むのが正しいですよ」と正論を言うのは簡単ですが、もう少し掘り下げて考えてみる必要があると思います。

質問を整理すると

①食事中に薬を服用させて良いのか?

②食事に混ぜて良いのか?

という2点になりますので、一つずつ考えていこうと思います。

食事中に薬を服用させて良いのか?

薬効的にはさほど問題はない

まず1つ目、食事中に薬を服用させて良いのか?ということですが、薬効的な視点ではさほど問題はありません。そもそも、食後薬は胃粘膜への影響などを考えて空腹時は避けた方が良い薬が多いので、食事中ということであれば、食べ物が胃に入っている状態ですので問題はありません。

ただ、これはあくまで薬効的な視点なので、次の内容と照らし合わせながら考えて欲しいと思います。

食事に混ぜて良いのか?

さて、問題はこちらです。こちらは、NGの可能性があります。

食事に混ぜている理由は何か?

食事に薬を混ぜている理由を考えていく必要があります。考えられる理由をいくつか挙げてみます。

①業務負担の軽減のため

介護現場で、食事時間は戦争です。食事準備、配膳、食事介助、与薬、下膳・・・。やることがたくさんです。私も認知症治療病棟で働いていた頃は、緊張する時間でした。誤薬してはいけない緊張感のなか、食事を食べない人、薬を嫌がる人、まだ薬を飲んでいないのに席を立って何処かへ行ってしまう人・・・。

そのようななかで、与薬業務は心理的な負担が大きく、食事に混ぜて早く終わらせてしまおうとするケースが考えられます。

今では、このようなことが倫理的に問題だと認識しているところが多いので、かなり少なくなってきましたが、私が看護師になったばかりの20数年前までは当たり前にやられていました。実際私も、食事に混ぜて飲ませるという指導を受けて行なっていました。お粥が青くなったりしてましたよ(笑)

②食事に混ぜないと飲まないから

これも、よくあります。薬を飲みたがらない人に、食事にこっそり薬を混ぜて飲ませるという方法。よほどの理由がない限り、この方法は好ましくありません。相手を騙すわけですので、騙されている認知症の人はもちろんのこと、騙している介護者も罪悪感を抱えることになり、お互いが辛くなります。

(確実に本人にとってメリットがある、一時的なもの、という理由で医師から指示が出ることもあります。)

この場合の1番問題になるのは、薬を食事に混ぜたことが本人にバレて、信頼関係が崩れてしまうことです。過去の経験から、薬を食事に混ぜたことに本人が気づき、薬どころか食事も食べなくなり、食事以外のケアも受け入れてもらえなくなったこともあります。

③水分だと飲み込みにくい

こちらは、嚥下の問題だと思います。嚥下機能が低下してくると、水分で薬を服用することが難しくなってきます。口や舌の運動が悪くなって口の中に残ってしまったり、むせてしまったりする人がいます。

このような場合、もし本人がご飯に混ぜて欲しいと希望するなら問題ないです。(私はこのような希望をされたことはありませんが)

対応としては、服薬ゼリーなどを使用すると良いでしょう。服薬ゼリーがなければ、トロミ水で代用できます。少し硬めのトロミ水をスプーン1杯程度使用してその中にお薬の入れるとスムーズに飲める人が多いです。糖尿病などがない人には砂糖を混ぜたりして少し甘くしていました。結構喜んでくれましたよ(笑)

④深く考えていない

これが意外に多い。「なぜ食事に薬を混ぜているんですか?」と聞いても、「え?いや、なんとなく・・・」みたいな人がいます。大抵は、「先輩がやっていたからそういうものだと思った」というパターンです。今回のご質問の「昔からの流れ」というのが、これに近いのではないかと思います。この昔からの流れ、文化とか風土という表現を使うこともできますが、これは結構深い闇だったりします。また別記事で書いていこうと思います。

【動画】介護現場でできる服薬時のちょっとした工夫

文章では伝わりにくいと思ったものを動画にしてみましたので、興味のある方は参考にしてみて下さい。

まとめ

食事に薬を混ぜたり、食事中に飲ませたりするのが絶対にダメというわけではありません。でも、やっている介護職はどこかで「これがベストではない」と分かっています。他の事業所の職員と話すときに、どこか恥ずかしいと感じたり、もっとちゃんとやりたいな、と思ったり、、、。このような小さな気持ちがモチベーションを下げていく原因にもなります。やっぱり、誇れるケアをしたいですよね!

3 件のコメント

  • いつもありがとうございます。

    動画、大変参考になります。

    一包化の薬が複数(これは別の問題)ある場合に
    袋を折るアイデア。さっそく本日実行いたします。

  • 服薬に適した低価格のゼリーがあります🎵
    モリモト医薬の服用支援ゼリー「eジュレ」です
    離水が無く凝集性があり食塊形成されます
    又、薬剤への付着性がありバラけにくいのも特徴です
    僅かな水分(唾液)により適度なスピードで流れますので
    嚥下機能の低下された方にも安心です。
    (一社)ケアネットが販売しています。
    ご希望でサンプルも送っていただけますので
    取り寄せてお試しになっては如何でしょうか?
    http://carenet-japan.com
    です

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です