本人が変わりたいと思っていないことを変えようとしていないか?

先週はまたまた東京へ行っていました。10月は東京へ3回行ったことになります。そして、おそらく今年最後の東京(のはず)です。今回は、プライベート半分、お仕事半分といったところでしたが、両方ともとても楽しかったです!

まずは昨年、私が個人開催したグループコンサルがきっかけで仲良くなったメンバーとの近況報告会を兼ねたアフタヌーンティー会♡

現在の状況や、仕事の話、困った同僚(?)の話、看護・介護の話など、話は尽きず、笑いあり涙ありであっという間でした。

話のなかで、「こんな看護・介護職はちょっとイタイよね」というので盛り上がり(笑)、そのひとつを今日のブログのテーマにしようと思います。

本人が変わりたいと思っていないことを変えようとする

前回の記事に共通する部分もあるのですが、本人が望んでいないことを勝手に問題として取り上げ、直そうとする人ってこの業界、結構います。

例えば

・痛みをとってほしいだけなのに、別の病気のコントロールについて指摘・指導する

とか

・自分に必要な介護サービスを選んでほしいだけなのに、家族問題を解決しようとする

とか・・・

周りに思い当たる人、いませんか?

「真面目=いい看護・介護」ではない

こういう人の困ったところは、自分の看護が正しいと思っているところです。仕事に対して真面目な人が多いのかもしれません。そう意味でいうと、私も含めグルコン仲間はいい意味で不真面目なのかもしれませんが(笑)

いつも言っているのですが、私は「真面目=いい看護・介護」ではない、と思っています。今まで「この人の看護・介護いいな♡」と思った人は大抵、ちょっと不真面目でしたし。

看護過程が背景にあるもかも

介護職でもこういう人はいますが、私の感覚だととくに看護師に多い印象です。それってなんでかなーと考えてみたところ、看護過程の影響があるのではと思いました。

確かに看護過程は患者を情報を論理的に整理したり、全体的に把握したりするのに必要なプロセスだと思います。ですが、問題点を見つける思考が強すぎたり、本人の希望よりも疾患からの問題点に注目しすぎると、本人の意図しない方向へ向かってしまうかな、と思います。

よく介護職さんから「看護師は病気しかみない(みれない)」という厳しい言葉をもらいますが、それももしかしたらこの背景があるのかもしれませんね。

まずは本人が「今解決してほしいこと」に集中する

本人が問題だと思っていなければ、解決しません。看護・介護は相互作用ですので、どちらか一方が頑張ってもいい結果にはならないと思います。本人に解決したいというニーズがあり、専門職として解決に向けて支援できることがある、というベースがないと進んでいかないのではないかと思います。ですのでまずは、本人が「今解決してほしいこと」に集中することだと思います。

専門職として優先順位を変えた方が本人の利益になると思った時は

看護・介護職としての経験を積んでくると、確かに本人の望んでいることの背景に「先にこっちを解決した方がいいのでは?」と思うときがあります。

その場合は、その問題を介護する側が提示するのではなく、本人に「自分の問題だ」と気づいてもらえるようなアプローチが必要かと思います。

自分に置き換えてみてください。「あなたはここが問題ですよ」と言われたら、ちょっと嫌じゃないですか?(私なら嫌です)。でも、話のなかで、「あ、もしかしたら自分の問題はこっちかも」と気づけたら解決に向けて動き出そうと思えますよね。

まとめ

今日のテーマは「看護・介護職あるある」といったところでしょうか?少しエネルギーをかける方向が間違ってたなーと感じた方は、明日からもっと肩の力を抜いて楽な気持ちで患者・利用者と向き合ってくれると嬉しいです。

おまけ

アフタヌーンティー会、めっちゃ楽しかったです。

企画や場所選びなどはいつもリサさんがさらーっとやってくれるので今回も全てお任せです。メンバーのひとりが長野の方なので、「長野合宿しよう!」と盛り上がっています。

この日のことを現在ワークライフスタイリスト養成講座を受講中の本橋美里さんがブログに書いてくれています。
https://ameblo.jp/m-komimamu/entry-12415183132.html

また1年前の写真を、こちらも現在ワークライフスタイリスト養成講座を受講中のリサさんがブログに載せてくれています。
https://ameblo.jp/nurse-risa/entry-12413762304.html?frm=theme

6人中2人がワークライフスタイリストになるってなんかすごい!♡私も宮本佳美さんのオンラインサロンに入会しているので、やっぱり考え方が近い人が集まるんだなとつくづく思いました。

アフタヌーンティー会の後は、神奈川県の厚木市に移動してお仕事でした。そちらは別記事で報告しますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です