わからないことは「わからない」と言おう

こんにちは。ブルーベル代表 市村幸美です。

私はよく

わからないことは「わからない」と言いましょう

と言っています。

 

私自身

わからないことは「わかりません」
知らないことは「知りません」
調べてなかったことは「調べてません」

と言える人間でありたい、と思っています。

 

え、普通のことじゃん

と思う人もいますよね。

 

でも、私は言えなかったんですよね。

20代後半から30代中頃は“バカだって思われたくない!!”という気持ちが強くて、素直に人に教えてもらうことができませんでした。

その後派遣看護師になって、いろんな現場に入るようになって、ここでも「今日の派遣さん、ハズレだわ」って思われたくなくて・・・

講師業をやり始めてからは「講師なのに知らないの?」って思われるのが怖くて・・・

 

 

わからないって言えない!!!

 

 

講師業やってると、「先生だからなんでも知っている!」と思われることとか結構あって、昔は「質問に答えられなかったらどうしよう」ってめっちゃ質問に怯えてました(笑)

「調べていなかった」なんていうのは最大の恥とか思って、セミナー前日に猛烈にテキスト読み漁ったりしてましたね。

どんな質問が来ても返せるように、みたいな。

目指せ!池上彰!!!みたいな。

 

 

 

 

もうね、無理でした、そんなの(笑)

質問なんて、全く想像してないところから飛んでくるし、「全部知ってる」なんて一生かかっても辿り着けない。

そこを理解したときに“わからない私のままで正直に前に出よう”と決めたんです。

 

もちろん、勉強は続けるし、講師としての質を高める努力はするけれど、ポンコツな部分を無理に隠すのはやめようと決めました。

そこで、講師の仕事がなくなったらそれはそれで仕方がない、と。

 

だから最近は最初に

質問はお受けしますが、解決できないと思いまーす

って言い切っちゃってます。

目指せ 池上彰はどこにいった・・・!?(笑)

 

以前に書いたこちらの記事にも繋がりますが、わからないことがたくさんあっても個人の価値は変わりません。

 

わからない、知らない、できない、を素直に伝えて
わかる、知っている、できる人に甘えていこう♡

↑ 姪っ子とイェーイ!の写真

では、またー。

1 個のコメント

  • お師匠様

    いつもありがとうございます。

    本日のブログはGOOD!!!!!!!

    知る・わかる・できる を目指しつつ、

    そうでない自分を認めてそれが出来ている人に頼る。

    この価値観が共有できている職場をめざします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です