【訂正あり!セミナーでのご質問】MCIの場合でも病型はあらわれるのか?

こんにちは、ブルーベル代表 市村幸美です。

介護職に必要な高齢者の方への基本的な医療知識セミナーで頂いた質問の中から、ブログ記事でも取り上げたいなと思ったものをご紹介していくシリーズです。私個人の見解になりますので、その旨をご了承ください。

今日取り上げるご質問はこちらです。

MCIの場合でも病型(アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症)に特徴的な症状が現れているのでしょうか?

ご質問ありがとうございます!

この質問に対する私の返答が間違っていましたので、セミナーを受けた方も読んで欲しいなと思います。

 

改めてMCIとは

「物忘れが主たる症状だが、日常生活への影響はほとんどなく、認知症とは診断できない状態」のことです。

軽度認知障害 e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

ご質問は、この状態でも認知症の種類による特徴があらわれるのか?ということでした。

セミナーでは

「初期から物忘れが主症状なのって、実はアルツハイマー型認知症だけなんですよね。レビー小体型認知症とか、前頭側頭型認知症では初期は記憶障害が目立ちません。

ということから考えると、MCIの症状は物忘れのみといってもいい位ですから、アルツハイマー型認知症以外の認知症はこの時点では予測されないかなーと思います。」

とお答えしたのですが、改めて調べたところ、そうではありませんでした!

 

ここから訂正です。

まずみんなのメンタルヘルス総合サイトによると、軽度認知障害の症状として下記の4つを挙げています。

  • ほかの同年代の人に比べて、もの忘れの程度が強い
  • もの忘れが多いという自覚がある
  • 日常生活にはそれほど大きな支障はきたしていない
  • もの忘れがなくても、認知機能の障害が1つある

みんなのメンタルヘルス総合サイト 厚生労働省

この4つめ、

  • もの忘れがなくても、認知機能の障害が1つある

この場合は、アルツハイマー型認知症以外が考えられますよね。

 

油山病院のホームページによるとMCIには、「健忘型」と「非健忘型」の2種類があり、「非健忘型」ではレビー小体型認知症や前頭側頭型認知症の可能性もあるそうです。

油山病院のホームページ

また他にも病理学的にみると脳血管障害やパーキンソン病に起因するものなどもあるようです。

改めてご質問にお答えすると、

MCIには、「健忘型」と「非健忘型」の2種類があり、一般的には健忘型でアルツハイマー型認知症への移行が多いが、「非健忘型」では他の認知症の可能性もある

です。

 

誤った情報をお伝えしてしまって申し訳ありませんでした!ご質問くださった方がこの記事を読んでくれるといいのですが・・・。

 

実をいいますと、MCIにはイマイチ興味が持てなかったんです。認知症を発症してる人のケアが得意分野だったので、MCIとか予防とかは別にいいかなーと思ってました。

ですが、このご質問頂いたおかげで「ちゃんとMCI勉強しよう!」と思いました。

ありがとうございました!

 

参考になると嬉しいです。
ご質問ありがとうございました!

では、またー

1 個のコメント

  • お師匠様

    いつもありがとうございます。

    お師匠様の”MCIにはイマイチ興味が持てなかったんです。認知症を発症してる人のケアが得意分野だったので、MCIとか予防とかは別にいいかなーと思ってました。ですが、このご質問頂いたおかげで「ちゃんとMCI勉強しよう!」と思いました。”

    この姿勢をみならいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です