【セミナーでのご質問】乾燥肌にワセリン、いいですか?

こんにちは、ブルーベル代表 市村幸美です。

介護職に必要な高齢者の方への基本的な医療知識セミナーで頂いた質問の中から、ブログ記事でも取り上げたいなと思ったものをご紹介していくシリーズです。私個人の見解になりますので、その旨をご了承ください。

今日取り上げるご質問はこちらです。

乾燥肌について。当施設では乾燥にはワセリンという風潮でワセリンを塗っていますがよいのでしょうか?

ご質問ありがとうございます!

 

セミナーでもお話しましたが、軟膏って時代によって本当に変わるなーと思います。

ざっくりですけど

私が看護師になりたての頃は、ステロイド使いまくりの時代、なんでもゲンタシン、リンデロン、という時代。そこから、アズノールがブーム(?)になりなんでもアズノールみたいな時期を経て、ヒルドイドの登場によって「とにかく保湿しろ」の時代、そして今回ご質問に上がったワセリンみたいな(笑)

 

結論からいうと、ワセリンでいいと思います!

保湿はもちろん、保護もしてくれますので、乾燥肌の人には合いますよね。

 

ただ、使う側としてはヒルドイドローションのようなものと比べると、少し使いにくいですよね。ベタベタしますし、塗りにくいし。

狭い範囲ならいいですけど、からだ全体となるとけっこう大変です。

 

なので私が介護現場にいたときは、センター長の許可をもらって、自作の保湿液を作っていました。

作り方はめちゃ簡単です。

水 200ml
尿素 小さじ1
グリセリン小さじ2〜3

※グリセリンや尿素は乾燥の具合や季節によって調整しても大丈夫です。ベタつくのが嫌いな人は少なめの方で。

水は精製水が1番いいようですが私は市販のミネラルウォーターを使っています。尿素やグリセリンはドラッグストアで購入できます。

利用者さんの使い終わった保湿スプレーの空ボトルを洗浄して再利用してました。

 

あまりに乾燥が強い場合は、最初にこの保湿液で肌を湿らせてからワセリンを塗ったりもしていました。

 

お好みでエッセンシャルオイル(アロマ)を5〜10滴くらい入れてもいいと思います。利用者さんの保湿しながら自分の気持ちも落ち着くなど、いい効果がたくさんあります。

 

参考になると嬉しいです。
ご質問ありがとうございました!

では、またー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です