SCORE-G サマーセミナーin軽井沢

2017.8.29のアメブロのリライト記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週末は

SCORE-G サマーセミナーにてお話をさせて頂きました。

 

SCORE-Gとは

https://www.itaminai.info/score-gとは/

 

image

 

 

代表理事長の的場先生よりお声をかけて頂きました

 

1月に緩和ケアカンファレンスでもお世話になった的場先生

(そのときの記事はこちら)

https://ameblo.jp/airylily/entry-12236985053.html

今回も先生のパワーは圧巻でした!

 

この先生に見つけてもらるような発信を続けてきて、本当に良かったと思いました。

 

 

サマーセミナーの場所は軽井沢の的場先生の別荘でしたので

新幹線で移動GO

 

image

 

 

少し早めに軽井沢に入り

1度行ってみたかった軽井沢高原教会へ

 

image

 

結婚式をやっていたので中には入れませんでしたが、心が洗われるような感じがする場所でした♡

 

その後的場先生の別荘へ移動

地図ももらって、道順のメッセージまで頂いたのに

完全に迷った 笑

 

 

「一生たどり着けないのでは・・・ゲロー

とやや大げさな不安に駆られましたが

 

無事に到着できました

image

 

 

私は2泊3日でお世話になりました

2泊とも埼玉がんセンターの薬剤師の中村先生と同室で

とっても楽しかったです爆  笑

 

刺激的でものすごく視野が広がった3日でした

 

セミナー以外の雑談の内容が、もはや雑談じゃない

 

頭の中のメモ書きがフル回転でした!

 

 

私にとっては

3日間の合宿みたいな感じ 笑

 

 

会員の方は、緩和ケアを専門にされている医師や薬剤師が多く

聞いたことのない専門用語がバンバン飛び交っていて

出来損ないの子供みたいな私だったけど

知らない世界に触れられて感動です

 

セミナーもすごくて

知識はもちろんなんですけど、なによりも「場」がすごかった。

 

ディスカッション

「~はどうなの?」

「データは?」

「実際に使ってどう?」

 

私もそうだけど

看護師や介護士ってディスカッションが苦手な人が多いよね

 

わたくし「質問力を磨こう!」と決意しました

 

 

セミナー後の懇親会はBBQ

的場先生お手製のローストビーフとかサラダとか バーニャカウダとか アヒージョとか・・・

 

登場するもの全てが美味しくて幸せでした

果物もすごい美味しかった

(食べて話すのに夢中で写真を撮り忘れてしまいました…てへぺろ

 

3日間あまりにたくさんの刺激がありすぎてブログに書ききれませんが、この経験は私の今後の私の活動に大きな影響を与えるだろうなと感じています。

 

今までは認知症に興味をもっている人を対象にしてきた私にとって、ある意味アウェイの環境のなかでコアメッセージを何にするかとても迷いました

 

教科書に書いてあるような認知症のことを50分話す…

というのが一番簡単だけど

 

それを的場先生は求めているのかな?って考えたときに

それは違うんじゃないか・・・っていうのはわかって

(結果、やはりこんな話をしなくて良かったと思いました)

 

色々考えて

「医療の正しさではなく、本人にとって幸せかを考えてほしい」ということをコアメッセージに選びました

 

セミナー後、色々な感想や意見をいただきました

国立がん研究センター研究所の上園先生に

「面白かったよ。実際にやっていないと語れないし、やってても知識がないと語れない内容だった。頭の中にたくさんのデータがあるから話せるんだね」と言ってもらえたのは本当に嬉しかったです

こういう視点で感想を言われたのははじめてでさすがのコメント力だな・・・と

上園先生のプレゼンはスピード感があって、お話も上手くて、内容も説得力があって素晴らしかったです。(しかも優しい♡)

 

あとは「認知症は自分には全く関係ないと思っていた。でも、今日の話を聞いて興味もった」という言葉ももらって、認知症の人の役に少しは立てたかな、と・・・。

 

懇親会では医師や薬剤師、緩和ケア認定看護師などたくさんの方と色んな話をさせて頂いて、胸が熱くなるような話ばかりでした。

 

懇親会でお話させて頂いた先生が「暮らしに戻すために医療はある」と仰った言葉がすごく印象的で、本人に

「どうしたい?(どう生きたい?)」と聞くことを忘れてしまってはいないか?

とか

「人として死ぬ」ことの難しさ

とか

そんなお話を伺うことができました

 

 

本当にたくさんの刺激がありすぎて、ブログに書ききれませんが、たくさんの気づきや名言をメモってきたので、セミナーやブログでエッセンスを共有していこうと思います。

 

このサマーセミナーでは摂食・嚥下で有名な五島先生の教育講演もあり、非常に胸を打たれる内容でした。ここで勉強したこともシェアしていければと思っています。

 

これをきっかけに、これから増えるだろう「認知症とがんの両方を抱える方のために自分ができること」を考えていきます。

 

緩和ケアと認知症と医療について考えまくった3日間

 

このような場に呼んで頂いた的場先生、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

image

(左から市村、的場先生、五島先生、中村先生)

 

 

そして

貴重なお話をさせて頂いた皆様

本当にありがとうございました

 

image

 

帰る前に中村先生から教えてもらったミカド珈琲のモカソフトを食べました!

美味しかったですラブ

 

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です